20代女性の借金は任意整理で解決!

20代の女性には、服代・コスメ代・飲み会代、ランチに行ったりデートをしたり節約しにくい必要経費が多くあります。

そのほか住宅費、水道光熱費、スマホ(通信費)代などといった生活費もあり、社会人になったばかりの人だとお給料でやりくりするのは大変でしょう。

あなたの普段の支払いは現金ですか?それともクレジットカードですか?

クレジットカードの場合、リボ払い・分割払いで支払ったものも「借金」だとご存知でしょうか?

やりくりが大変なのに、支出の中に分割払い(借金)の返済が含まれていると、途端に生活が苦しくなるはず。

生活費が足りなくて、クレジット決済で支払いをしている状態なら要注意!

社会人になりたての若い女性の中にはお金の管理能力がなかったり、だらしなさが原因でどこにいくら借金があっていくら返済すればいいのか分からなくなっている方もいます。

借金は簡単には返せません。借金は勝手には減りません。

何年間も返済を続けていかなければならないこともあります。

ですが、20代で作った借金は20代のうちに解決しておくと、将来の結婚に対しても前向きに考えられるかもしれません。

いつか結婚したい男性がいるなら、なおさら早めに借金問題を解決しておきましょう。

20代女性の借金なら、任意整理で解決するのがオススメです。

今回は借金でお悩みの20代女性のためにの借金解決法をご紹介します。

20代女性の平均生活費と借金返済額のバランス

借金とはクレジットのリボ払い・消費者金融・自動車ローンなど、分かりやすい借入だけではありません。

奨学金の返済やショッピングローン(高額家電やエステなどの分割払い契約)も、借金だと考えてください。

では、これらの返済が月いくらくらいになっていると、生活が苦しいと言えるのでしょうか?

「現金がなかったらクレジットカードで払えばいいや」と何も考えずにいると、借金地獄に陥るかもしれませんよ。

そうならないためにも、自分の毎月の生活費と支払いのバランスをチェックしてみましょう。

20代前半の女性の借金返済額は月4万円以上だと危険

まずは自分の借金を全て整理してみましょう。

  • 消費者金融からの借入(アコム・プロミス・レイク・アイフルなど)
  • 銀行カードローン(MR.カードローン・バンクイックなど)
  • クレジットカード(リボ払い・分割払い・キャッシング・ショッピング)
  • 各種ローン(自動車・エステ・家電・医療費・スマホ端末などの分割購入)
  • 政府系金融機関(奨学金など)
  • 個人間の借入
  • ヤミ金

これらの残高を全て合計したものが、今のあなたの借金総額となります。

次に借金総額が年収の20%以内かどうかを確認しましょう。

20%以内であれば、新たに借金が増えない限り計画通り返済し終えることができます。

しかし、借金の総額が年収の20%を超えると返済が生活費を圧迫し始めます。

2010年に施行が開始された、総量規制という制度でも、個人が借りることができる借金の総額は年収の3分の1に抑えるよう決められています。

総量規制とは

個人の借入の総額が、年収の3分の1までに制限される仕組み。年収の3分の1以上の借金は返済を続けていくことが難しく生活を破綻させるとされている。例えば消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっているので、年収の3分の1を超える金額は借りられないように法律で規制されている。

クレジットでの買い物(リボ・分割)や奨学金、自動車ローンは規制対象外とされているため、その他の借金を合わせると年収の3分の1を超える場合もあります。

また2017年以前までは、銀行カードローンも規制対象外でした。

銀行カードローンで借入がある人も、借金総額が年収の30%以上になっている可能性が大きいです!

ではここで、あなたの生活を破綻させる借金の金額の計算方法をお教えしましょう。

(手取年収×30%)÷12ヶ月=1ヶ月の返済額

この計算式で算出された1ヶ月の返済額より、多く返済していると危険です。

この計算を元に、日本の20代女性の平均給料から、確実に借金が多いと言える1ヶ月の返済額を割り出したものが下の表です。

20代前半
(20~24歳)
20代後半
(25~29歳)
平均年収 241万円 309万円
手取年収平均 193万円 247万円
年収の30% 58万円 74万円
年収の30%の場合の月返済額
(生活破綻レベル)
4万8,000円 6万1,000円
理想の月返済額
※年収の20%で計算
3万2,000円 4万円
※年収=手取年収で計算する。

以上のことから、20代前半の平均年収の女性は「月4万円以上」返済していると、生活が破綻すると考えられます。

「意外と低い!」と思われた方も多くいらっしゃるでしょう。

ですが100万円、200万円と借金があることだけが危険という訳ではありません。

年収に占める借金返済額が重要なのです。

これくらいの金額なら、節約すれば返せると感じましたか?

では次に、家計について考えてみたいと思います。

借金を返済するお金を捻出したい!20代女性の理想の家計って?

1ヶ月の返済の中には、スマホの端末代・奨学金・各種ローンも含みます。

理想の月返済額からそれらの支払いを差し引くと、クレジットカード等の借金の返済に回せる余裕はなくなります。

食費や交際費を節約して返済に回すことができるのか、過去にNHKでも紹介された家計の黄金比率に当てはめてみましょう。

次の表は、20代女性一人暮らしの理想の家計費を表したものです。

家計費内訳 理想の割合 理想の金額
手取り 100% 20万円
住居費 28% 5万6000円
食費 18% 3万6000円
水道光熱費 6% 1万2000円
通信費 6% 1万2000円
保険料 4% 8000円
趣味・娯楽 4% 8000円
被服費 2% 6000円
交際費 5% 1万円
日用雑費 3% 6000円
その他 6% 1万2000円
貯蓄 17% 3万4000円

上表の内訳から、「その他」や「貯蓄分」のお金を借金の返済に充てることが可能だと分かります。

また、人によっては保険料は不要と考える人もいるかもしれません。

保険に入らなければ、その分も返済に充てることができますね。

ですが、このような状況で納税・冠婚葬祭・旅行・病気など、急な出費があった場合、どうなるでしょうか。

ギリギリの家計では急な出費に対応できません。

節約して返済をしていたのに、急な出費が原因で新たに借金を増やしてしまう人は少なくないのです…。

それでは、これまでの内容を踏まえて、「借金地獄に堕ちる20代女性の特徴」をもう一度おさらいしておきましょう。

下の内容に当てはまる人は、借金の返済がなかなか終わらず長期化し「借金地獄」に陥る可能性があります。

  • 借金の総額が年収の30%を超えている
  • 手取り給料のうち、借金返済がいくらなのか把握していない
  • 給料日前は手持ちのお金がなくクレジットで支払っている
  • 納税のための貯蓄がゼロ

知らず知らずのうちに、少しずつ増えてしまう恐れがある借金ですが、このまま何の対策もせずに放置していると「自己破産」しなければならなくなるかもしれません。

女性が20代のうちに任意整理で借金を減らすメリットとは

少しずつ少しずつ借金が増え、気づいたときにはカードの利用限度額はいっぱい。

返済のために、他の金融機関で借りて返済する。

他の金融機関でも限度額いっぱいで借りることができずに、返済期日が迫っていたら…。

毎月の返済が収入のほとんどを占めるようになってくると、自己破産する他なくなるでしょう。

そうなってしまう前に、「任意整理」という借金減額の方法で、借金問題を解決することをオススメします!

このまま借金が増えると…自己破産した場合のデメリット

自己破産と聞くと、なにもかも失って人生終わり、というイメージを抱く人も多いでしょう。

自己破産をしたら、どのようなデメリットがあるのかを下にまとめました。

  • 信用情報機関に破産情報が登録される

    5~10年間、新たなローン・クレジットカード契約、信販購入ができなくなる。
    現在利用中のクレジットカードは使用できなくなる。

  • 一定の財産以外はすべて手放す

    ブランド品・貴金属なども価値によっては没収される。
    ※どういった物が没収されるかは官公庁オークションを見ると参考になる。

  • 破産手続き中、職種によっては仕事を制限される

    (例)行政書士・旅行業取扱登録者・生命保険外交員など業種によって定められている

  • 連帯保証人がいる借金は、連帯保証人が返済し続けることになる

    連帯保証人には内緒にできない

  • 破産後、7年間は自己破産することはできない

このように様々な制約があります。

一方、自己破産をすると借金が免除されるという大きなメリットも存在します。

しかし、借金の理由がギャンブルや極端な浪費(買い物依存症など)によるものである場合、自己破産することは認められません。

やはり借りたお金は返す義務があることを忘れてはいけないということです。

20代女性にオススメの借金減額方法は任意整理

借金を減らす方法として、20代の女性にオススメしたいのが任意整理です。

任意整理とは、債務整理のうちのひとつの方法で、裁判所を通さずに債権者と直接交渉して借金の負担を減らす解決方法のことをいいます。

任意整理は弁護士・司法書士に依頼し、交渉の内容はお互いの任意で決定されます。

交渉する内容は次の3つです。

  • 借金の減額

    (過払い金が発生している場合)

  • 利息のカット
    • 将来利息のカット
      (将来支払う予定の利息分を全て免除してもらう)
    • 経過利息のカット
      (延滞している場合に発生する延滞利息をカットしてもらう)
  • 返済回数の交渉

    返済回数を36~60回(3~5年)にしてもらう。
    (20万円の借金があり、毎月1万円を20回返済する予定だった場合、返済回数を36回にしてもらい月の返済額を6,000円に抑える等の交渉)

このように任意整理では、支払う予定だった利息を免除してもらい、分割回数を増やし月の返済額を抑え、はじめに借りた金額だけを返済すよう交渉します(交渉の進め方によって結果は変わります)。

もしアナタが20代女性で借金があり、将来に対して漠然とした不安あるなら、早めに任意整理することをオススメします。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、家族や友人・会社に知られることなく借金を減らすことができる点です。

他にもメリットは沢山あります。

  • 借金が減る
  • 取立がストップする

    弁護士・司法書士に依頼すると、債権者(カード会社等)に依頼したことが通知される。
    通知を受け取った債権者は、督促・取立ができなくなる。

  • 任意整理中は返済しなくてもOK

    交渉の結果次第で金額が変わるので、手続中は返済する必要がなくなる。
    収入がある人は生活が安定する。

  • 手続がカンタン

    裁判所を通さずに、依頼するだけで弁護士(司法書士)が債権者と交渉してくれる。

  • 任意整理する借金を選ぶことができる

    保証人に迷惑かけたくない等の理由がある場合は、任意整理しないことを選択でき自分で返済を続けることも可能。

  • 家族や会社にバレる可能性が低い

    弁護士・司法書士は秘密にしてくれる。
    債権者とのやり取りも代わりにしてくれるので 家族や会社にバレる可能性はほぼない。
    ※交渉成立の際に弁護士と書類のやり取りをするので、事前に受け取り方法を決めておく。

20代のうちに任意整理した方が「結婚」へのメリットが大きい

借金があると、将来の結婚について不安を感じませんか?

やはり「借金がある女性は結婚相手として敬遠されるのでは?」と考えているのではないでしょうか。

結婚という観点から、20代のうちに任意整理をするメリットは2つあります。

彼の交際に関する満足度が高くなる

テキサス大学の研究によると、自分のお金をしっかり管理できている人は、パートナーからの交際に関する満足度が高いという結果が出ました。

将来結婚したいまたは結婚する予定がある人は、それまでに借金を全て返しておくか返せる目処をつけておくと、結婚についても前向きに考えられるはずです。

もし借金を隠して結婚しても、いずれ夫婦関係は破綻するでしょう。

任意整理して完済後5年経過すると、ローン審査等に通りやすい

とくに将来は持ち家に住みたいと考えている人は、早めに任意整理しておきましょう。

住宅購入は必ずしも夫名義とは限りません。

任意整理後、完済から5年経過すると信用情報機関のブラックリストから、情報が削除され、ローン・クレジットカード・信販購入などの審査に通りやすくなります。

結婚後の夫婦の関係も人それぞれですが、住宅購入の際の選択肢が増えます。

  • 自分名義で住宅ローン契約ができる
  • 夫の連帯保証人・連帯債務者になって、ローンを通すことができる
  • 夫婦合算収入で住宅購入が可能になる
20代のうちに任意整理するポイント
任意整理をするのが遅かったり、自己破産で10年間ブラックリストにのってしまうと、結婚に大きく影響するかもしれません。

借金を内緒にして結婚した場合、お金の使い途に不自然な点が出てきたり、住宅購入の際に夫婦関係を脅かす心配も出てきます。

過去の失敗から今後は借金を増やさないと決めて、自分の将来設計ができるといいですね。

任意整理のデメリット

任意整理にはもちろんデメリットもありますが、借金が減るので今よりは確実に経済的負担も減ります。

デメリットには次の3つが挙げられます。

  • 信用情報機関に任意整理したことが事故情報として登録される

    登録されると一定期間(約5年)、ローン・クレジットカード契約、信販購入の審査に通りにくくなる。

  • 奨学金など連帯保証人がいる借金を整理すると、返済義務が連帯保証人にうつる

    任意整理の場合、減額された分を連帯保証人が返済することになる。

  • 任意整理はあくまで交渉なので、希望通りの金額に減額されないこともある

クレジットカードや銀行カードローンは任意整理でいくら減るの?

借金を減らすための任意整理ですが、消費者金融から借りたお金だけではなく、クレジットカードや銀行カードローンの借金も減らすことができます。

クレジットカードの場合、リボ払い・分割払いだけではなく、一括払いで決済した分も交渉次第で利息なしの分割払いにすることが可能です。

銀行カードローンだと、低い金利で月々の支払いも少ないし返していけると考えがちですが、その分多額の利息を払っていることを忘れてはいけません。

では、クレジットカードと銀行カードローンそれぞれに、任意整理したらいくら借金が減るか例を挙げて解説していきます。

「クレジットカードの任意整理」リボ・分割・一括払いも借金が減る

クレジットカードの利用の場合、一度で支払えない買い物はリボ払いにしておいて、来月のお給料内で支払えそうな買い物の際に、翌月一括払いをされることは多いと思います。

翌月一括払いは無利息なので、確かにお得ですね。

しかし、毎月生活費のほとんどをクレジットカードで支払っていると、お給料のほぼ全額が翌月一括払いの支払いでなくなってしまいます。

現金がなくなると、今月もまたクレジットカードで支払いをするといった悪循環。

このようなケースに任意整理はオススメです。

クレジットカードを任意整理したときの例

では、いくら減額されるのかを具体例で見てみましょう。

以下の内容でクレジットカードを利用していると仮定します。

  • クレジットカード利用4社・5件の借り入れ
  • リボ払い3件
  • 一括払い2件
  • 借入総額130万円

まずはリボ払いの任意整理からみてみましょう。

交渉内容は将来利息のカット、そして返済回数を多くすることです。

リボ払いを任意整理した結果、各クレジットカード会社の月々の支払い金額が次のように変わりました。

※リボ払いは利用金額・返済方法など、利用している人によって減額される金額はそれぞれ異なります。

任意整理前 任意整理後
V社 15,000円 9,000円
J社 8,000円 5,000円
U社 13,000円 10,000円
月々の返済額
合計
36,000円 24,000円

次に、一括払いの任意整理について見ていきます。

交渉内容は(無利息のまま)返済回数を多くしてもらうことです。

クレジットカードの一括払い分を任意整理したときの月々の支払い金額は、次のように変わりました。

任意整理前 任意整理後
O社 100,000円 8,000円
J社 20,000円 5,000円
月々の返済額
合計
120,000円 13,000円

このケースでは、一括払いも含めたひと月の返済額15万6,000円が3万7,000円まで減少!

さらにリボ払いで支払う予定だった将来利息、約52万円もカットしてもらうとなると、返済がかなり楽になります。

クレジットカードの任意整理の注意点

クレジットカードを任意整理する際は、次の3つの点に注意してください。

  • クレジットカードで高額商品を分割購入した場合、任意整理すると、商品を返さなければならない可能性がある。
  • 同じクレジットカード会社でキャッシング分だけ任意整理することはできない。
    キャッシング・ショッピング両方同時に任意整理の対象になる。
  • 公共料金・携帯電話料金・通信料をクレジット決済している場合、任意整理すると今後の支払いができなくなる。
    前もって振込か口座変更に切り替えておく必要がある。

「銀行カードローンの任意整理」将来利息を大幅カットで借金が早く終る

次に、以前は審査が甘く学生・アルバイトでも借りることができた銀行カードローンは、いくらくらい借金が減るのでしょうか。

銀行カードローンは消費者金融と比べて利率が低く、借りやすかったこともあり利用者は多いと考えられます。

銀行カードローンの特徴をまとめました。

  • 設定されている毎月の最低返済額がとても低い

    30万借りると、アコムの最低返済額は「1万4,000円」。
    バンクイックでは「4,000円」

  • 最低返済額が低いと返済期間が長くなる

    元々の返済期間が長い場合、任意整理で返済回数を交渉するのは難しい。

  • 利率は低いが返済期間が長くなると、支払う利息総額が多い

    利率が低く毎月の返済額が少なくてもOKなので、利用している人はありがたいが最終的に支払う利息の合計は多くなる。

以上のことから銀行カードローンを任意整理すると、月々の返済額は大きく減りませんが、将来支払うはずだった利息が大幅にカットされます。

下の銀行カードローンの任意整理の例を参考にイメージしてみてください。

銀行カードローンを任意整理したときの例

銀行カードローンの借り入れ状況を次のように仮定します。

  • カードローン2社から借り入れ
  • 借入総額70万円

交渉内容は将来利息のカットです。

借入 月の返済額 返済回数 支払利息
M社 30万円 8,000円 51回 10万3000円
E社 40万円 9,000円 60回 15万円

銀行カードローンの任意整理をすることによって、将来支払うはずだった25万3,000円の利息がカットされます。

銀行カードローンの任意整理の注意点

任意整理の対象が銀行カードローンばかりだと、毎月の返済額は思っていたより抑えられないかもしれません。

ですがカットされた利息が多く、返済した分がすべて元金返済に充てられるので、当初の予定より早く借金の返済が終わると考えられます。

20代女性にオススメ!女性弁護士や司法書士に借金問題を相談できる法律事務所

任意整理は弁護士・司法書士、どちらにも依頼できる借金減額方法です。
※司法書士の場合、債務金額の制限あり

でも、相談するには勇気がいりますよね。

「『どうしてこんなに借金したの?』と、怒られるんじゃないか?」

「借金が沢山あることを人に伝えるのは恥ずかしい。」

「弁護士さんや司法書士さんが、怖そうな男性だったらどうしよう…。」

そのように考えてしまうのは当然のことです。

でも、このまま借金問題を解決しないでいても、将来に対しての不安がますます膨らんでいくでしょう。

そこで女性専用の窓口や女性スタッフが在籍していたり、メール相談を受け付けてくれる法律事務所をご紹介します。

アヴァンス法務事務所(司法書士)

アヴァンス法務事務所のトップページ

アヴァンス法務事務所は、女性専用ダイヤルを設けているので、女性でも安心して借金の相談ができます。

また、これまで23万件以上の相談に応じてきた経験から、あなたにピッタリの解決方法を探してくれます。

相談は何度でも無料で、土日でも対応しているのでぜひ一度相談してみてください。

アヴァンス法務事務所に相談する

司法書士法人みつ葉グループ(司法書士)

みつ葉グループ減額診断

女性司法書士が多数在籍する司法書士事務所です。

「いきなり電話相談はムリ…」という方は、みつ葉グループの借金の減額診断をしてから相談するのもいいでしょう。

4つの質問に答えるだけで、借金が減額できるか診断できますよ。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断をする

【まとめ】借金は女性の敵!20代の借金は30歳になる前に任意整理で解決しよう

世の中には可愛い洋服や美味しい料理、美しくなるためのサービスなど、女子力の高い女性にとって魅力的なもので溢れています。

現金を持っていなくても、クレジットカードで支払ったり、リボ払いをすることで高いものを買うことができますよね。

もちろん、それらを利用して買い物をすることは悪いことではありません。

問題はきちんと返済ができず、20代にして多額の借金を抱えることになってしまうことです。

借金を抱えたままだと、心に余裕ができず、やりたいことも思う存分できなくなってしまいます。

結婚したいと思っていた彼に借金がバレて、振られてしまったなんてこともあるかもしれません。

借金を作ってしまったことを嘆いてもどうにもならないので、とにかく今ある借金をできるだけ早く完済することを目指しましょう。

任意整理なら、裁判することなくお金を借りたところ(債権者)と直接交渉して借金を減らすことができるかもしれません。

20代のうちに任意整理で借金を減らしておくと、転職や結婚といった転機があった時にも、後悔しない選択ができるのではないでしょうか。

まずは自分の借金の悩みを、専門家に打ち明けるところからスタートしましょう。

※任意整理による減額例は、交渉内容によって異なります。期待以上に減額されることもあれば、できないこともあることをご了承ください。