債務整理マップ

債務整理で新たな人生の再スタート

「自己破産」の記事一覧

自己破産にかかる予納金

自己破産をするには予納金が必要!予納金の支払い方法と払えないときの対処法

「少額管財」または「管財事件」として自己破産する場合には弁護士費用の他に、予納金の支払いが必要になります。金額は20万円~。いつまでに払えばよいのかは、東京地裁と大阪地裁で違います。払い方は分割払いや代理弁護士に積立金として預ける方法があり、払えなければ、申立棄却や取り下げになります。予納金を払えない人は、法テラスを利用すれば弁護士費用を援助してもらえるかもしれません。破産申立前なら財産を売って予納金を払うことも可能。免責不許可事由で管財事件になった人は、自己破産できない可能性も含め個人再生もできる弁護士に依頼しましょう。
自己破産の弁護士費用を払う5つの方法

自己破産したいけど弁護士費用が払えない!お金がなくても弁護士費用を払う5つの方法

自己破産したいけど、弁護士費用が払えない!と悩んでいる人に、お金がなくても費用を支払う方法を全てご紹介します。「着手金・報酬金が分割払いできる弁護士事務所はどこ?」「法テラスの費用扶助を利用したいが、どんな方法があるの?」その他にも、破産手続前に車や財産を売ってよいのか、生命保険を解約して返戻金で弁護士費用を払ってもよいのかも詳しく書いています。自分で破産手続をした際のメリットやデメリットも解説。同時廃止事件・少額管財事件・管財事件によって最適な方法を変わるので参考にしてください。
自己破産にかかる費用総額の全てを徹底解説

自己破産にかかる費用の総額はいくら?弁護士費用や裁判所費用などの相場を徹底解説

自己破産にかかる費用の総額を紹介しています。弁護士費用のみで手続きができる同時廃止事件にかかる費用総額や、破産管財人への報酬(予納金)50万円が必要な管財事件についても詳しく解説。弁護士に依頼した時に限り、予納金が節約できる少額管財事件の費用総額はいくらなのでしょう?予納金は原則一括払いですが、弁護士に依頼すると、分割払いや後払い可能な法テラスの利用もできます。自己破産を検討している人は、かかる費用平均・相場がいくらかを知っておくと安心です。
自己破産しても車を残す方法

自己破産しても車を残す方法!自分名義の車やローン中の車を引き上げから守るには

自己破産をしても車を残す方法を紹介します。自己破産をすると、ローン中の車はローン会社に引き上げられます。ローンが残っている車の名義は、留保所有権があるローン会社であることが多いです。家族名義の車なら残せます。販売会社名義の車は引き上げられない可能性もあります。連帯保証人契約で購入した車は条件によっては取られません。ローンが残っていなくても査定額が20万円以上の車は管財事件になり没収されます。破産手続開始決定後、自由財産拡張の申立で残せることもあります。自己破産前の車の名義変更や売却は免責不許可事由にもなるので必ず弁護士に相談・報告しましょう。
自己破産の手続きの流れを解説

自己破産の手続きの流れを解説!自己破産のデメリットや自己破産できない条件も紹介

自己破産する人はどんな人なのか、借金がいくらあれば自己破産するべきなのか、自己破産の疑問はたくさんあるでしょう。この記事では、自己破産の手続きの流れや、自己破産できる条件、できない条件、破産のデメリットを紹介。「破産手続開始が決定されない原因」「同時廃止と管財事件の手続きの違い」といった、自己破産の流れで複雑な部分もわかりやすく解説します。また、自己破産は弁護士・司法書士に依頼するのがオススメです。自己破産できない人は任意整理か個人再生も検討しましょう。